麺らぶ猫らぶ北海道らぶ\(^O^)/

札幌在住のSE/嫁な人と猫な人(ミルフォード)と3人暮らし/麺らぶ/肉らぶ/北海道らぶ

ぼく げんきになったお(=^・^=)

 

ミルフォードさん奇跡の復活劇な2017年夏。 

 

f:id:nvtomo:20170826175026j:image

 

ぼく げんきになったお(=^・^=) 

 

nvtomo.hatenablog.com

 

こちらでも書きましたが、昨秋に受けた年に一度の予防接種から急に体調を崩したミルフォードさん。

水をたくさん飲んで、尿もたくさんするいわゆる多飲多尿になり、体重が落ち続け、ご飯と水以外はほとんど動かず寝ている状態に。

おねしょも日常的になり、我々夫婦も覚悟を決め始めた2017年正月でした。 

 

f:id:nvtomo:20170826175121j:image

除湿されるミルフォードさん2017年夏

 

在宅でインスリン注射を始めて、徐々に元気さは出てきたものの、足腰は弱り続け、あれだけ軽やかに駆け上がっていた2階へも休み休みでないと上がれないように。 

 

f:id:nvtomo:20170826175157j:image

除湿されるのが気に入ったミルフォードさん2017年夏

 

病院の先生と相談しながら、少しづつインスリンの量を増やすのと並行して、脚力の改善が期待できる飲み薬も始めることに。

 

インスリン注射は12時間ごとに打つ必要があります。

私と嫁さんが家に居る朝6時台、夜6時台が打つ時間。

旦那さんが抱っこして、嫁さんが注射を打ちます。

暴れるので一人では無理で、二人がかりの作業。

残業になったら間に合わないので、旦那さんは定時で上がるのにそれこそ毎日必死で仕事を終わらせるようにしています。

飲み会も当然全キャンセル。

休みの日も朝6時に起きます。

正直眠い時もありますが、ミルフォードさんが元気になるためだと思えば全然辛くないもんです。

この毎日のルーチンワークを続けながらも、これ以上の回復、特に足腰は難しいだろうな...と我ら夫婦は思ってました...が。 

 

f:id:nvtomo:20170826175221j:image

お腹を自ら除湿するミルフォードさん2017年夏 

 

ところが、この1か月で急激に回復した感が。

2階へ軽やかに駆け上がっていくミルフォードさんを見たときは、冗談抜きで嫁さんと涙を流しました。

もうこのような姿は見れないものとあきらめていたので。

動物の生命力の強さを知った2017年夏でした。

 

体重も少しづつ戻ってきて、もうすぐで体調悪くなる前に戻りそうです。 

秋を迎え、昨年きっかけになった年に一度の予防接種の時期を迎えます。

 

ミルフォードファースト。

年初に誓ったこの気持ちを忘れずに、ミルフォードさんが健康で過ごせるよう、夫婦でサポートを続けます。 

 

↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ