麺らぶ猫らぶ北海道らぶ\(^O^)/

札幌在住のSE/嫁な人と猫な人(ミルフォード)と3人暮らし/札幌および近郊の食べ歩きブログ、時々猫ブログ/麺らぶ/猫らぶ/北海道らぶ

2018年 今年の抱負を大いに語るブログ

f:id:nvtomo:20171229211700j:image

 

新年明けましておめでとうございます。

今年も「麺らぶ猫らぶ北海道らぶ\(^O^)/」をよろしくお願い申し上げます。

毎年年初恒例となりました今年の抱負を大いに語らせていただきます( ー`дー´)キリッ

昨年の抱負もご参考に。

 

<<2017年の抱負>> 

nvtomo.hatenablog.com

 

基本的に大枠は変わらず、その時点での状況を踏まえて微修正していく方針です。

 

■1.仕事

▼1.1.自分で手を動かして技術スキルを磨いていく

ここ数年と基本的な考え方は変わらずです。

基本的なスタンスは、専門誌を定期購読して広く浅く知識習得して、狙った分野を自分で手を動かして深く理解して磨いていくという考え方で、掛けられる時間的に業務の中で、こういうサイクルを回していきたいのですが、アラフォーの私に求められるのはそういうところではなくて...マネジメントもしつつという縛りがありまして。

マネジメントもしつつだと、自分の達したいレベルにいくのがそうとう大変だと思っていて、まあ実際そうですし、狙った分野自体の仕事がそもそもなくてですな。

そういった中で、限られた時間の中で狙った分野を磨いていくことになりますが、具体的には昨年から取り組んでいる人工知能(AI)の分野で、昨年はどういう技術かというところを理解し、身に着けることができましたので、今年はどう使っていくか(=どう仕事に繋げていくか)という観点でスキルを磨いていきたいかなと考えています。

 

▼1.2.自分の進むべき道を考えていく

まだ具体的なイメージはできていないのですが、今職業にしているIT企業のエンジニアで身に着けたスキルを武器に戦っていきたいというイメージはあります。 

 今追っている人工知能(AI)は、ビッグデータやIoTと言った周辺分野も含めて今後飛躍的に伸びてくる分野と見ていて、この分野で食っていきたいなあという思いがあります。

 

「意志あるところに道は開ける」

 

引き続き、この言葉を信じ、強い意志をもって万事に望みたいと思います。

 

■2.プライベート

▼2.1.ミルフォードファースト

一時はいろいろ覚悟を決めましたが、ミルフォードさんの頑張りがあって奇跡的に元気を取り戻すことができました。

結局は糖尿病だったようで、元々血糖値が高かったんですけど、これまでは全く症状が出ることがなく...凄く丈夫なんだろうなあと、そしてその丈夫さゆえの復活だったのかなと感じています。

元々血糖値が高い子ですから、この先もずっとインスリン注射を止めることはできないと思ってます。

宿泊を伴う旅行は行けないですし、12時間おきのインスリン注射を意識した生活サイクルを続けることになりますが、私も嫁さんもミルフォードさんが健康でいてくれるならその生活を続けていく覚悟を固めています。

つらい時もありますが、ミルフォードさんの元気な姿がそれを忘れさせてくれます。 

 

▼2.2.ぎっくり腰再発ダメ絶対

昨年3月にぎっくり腰再発。

筋トレ、ストレッチを毎日続けて気を付けていたので、正直凄くショックで、冗談抜きで生きていくのが辛くなる瞬間がありました。

体質改善も引き続き続けていきますが、それよりもストレッチを研究してぎっくり腰再発を防ぐ方に注力したいかなと思ってます。

体重は若干増え気味ですが、最近食欲が出てきちゃったと原因ははっきりしていて、しかも年を食ったせいか食べすぎるとすぐにお腹の調子を崩して食べすぎが続かない状態になってしまうので、あまり体重は気にしなくてよさそうですw

まあ何もやらないわけではなくて、最近は体幹リセットダイエットを試したり、自分に合ったメニューを試行錯誤している日々です。

 

最後に当ブログですが。

一年間今後どうしていくか考えた結論としまして、、、

今まで通りということで、今後ともよろしくお願い申し上げます( ゚∀゚)・∵. ガハッ!! 

いろいろ考えましたが、自分のライフログ的な位置づけもあって、今のスタイルが結構気に入ってるかなと思い至りました。

ミルフォードさんネタと食べもの以外のネタを少し増やしたいかなと考えています。 

 

最後になりますが、2018年が皆さまとご家族にとって良い一年になることをお祈り申し上げますm(__)m

 

↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 札幌食べ歩きへ